家の一部をカフェとする場合の注意点

subpage01

家の一部をカフェとして利用することには、いくつかの注意点があります。

住宅の一部を飲食店として利用する場合は兼用住宅の扱いとなります。

兼用住宅は店舗部分の面積や用途に対し、制限がかかる場合があります。制限は用途地域によって異なるため、当該敷地の用途地域を調べ、家の一部を飲食店とすることが可能かどうかを調べる必要があります。

家の一部をカフェとする場合は、居住部分と飲食店部分の動線を分ける必要があります。
家に居住する家族の動線と、飲食店の客の動線が重なるのは好ましくはありません。

明確に動線を分けることは、実用上も雰囲気の面からも必要なことです。

エキサイトニュースは評判がとっても良くて有名です。

カフェをつくる場合は、近隣住民に対する配慮も必要です。
住宅地の中につくる場合は、近隣住民に迷惑とならない位置に、飲食店を設置する必要があります。

隣地の迷惑になることには、騒音、臭い、視線、駐車などがあります。


位置的に距離を離すと共に、植栽などにより飲食店部分を近隣住民の居住部分から離す必要があります。



外観のデザインも周囲と隔絶したものではなく、周辺の環境に溶け込む配慮が必要です。建築が周辺環境に与える影響は大きく、奇抜な色使いは避け、落ち着いた色使いが求められます。

カフェの設置は街並みの雰囲気を良い方向に変える起爆剤となることも考えられます。



住宅地の単調な街並みの中にオシャレな飲食店があることは、街の雰囲気を良くします。

カフェをつくるにあたっては、積極的な環境への配慮を忘れないようにしたいものです。